クレジットカード現金化の豆知識

クレジットカード現金化で逮捕・違法となるのは業者?利用者?

更新日:

クレジットカード現金化で逮捕・違法となるのは業者?利用者?

グレーゾーンと呼ばれている資金策といえばクレジットカードのショッピング枠現金化ではありますが昔と比べて利用者の数は大変多くなりました。
ブラックな資金繰りではないことから「大丈夫でしょ?」と半信半疑で使われる方が多いのだと思われます。
とはいえ、やはり気になるのがクレジット現金化をすることによって警察沙汰にならないのかと心配される人がいらっしゃるのではないでしょうか。
クレジットカード現金化は利用しても捕まらないの?と不安がちな人に対して問題無い資金策だと諭してもお分かりいただけないかと思われますが、サービス内容はもれなく型に相当しておりますので逮捕される心配は一切ございません。
但し、この資金調達を提供する側にも悪徳業者がネット上には潜んでいますので
取引業者を比較するポイントを抑えておくと良いでしょう。
当サイトにも掲載されている優良クレジットカード現金化業者をご覧になり参考にしていただければ幸いです。

現金化業者が逮捕されているのは紛れも無い事実

普段から報道番組を見ている方はご存知だと思いますが、現金化業者が逮捕されているのは紛れも無い事実です。
警察に捕まるのにはよほどの理由があったに違いなく運が悪かったなどでは済まされません。
では、一体どういったことで逮捕された現金化業者は検挙されてしまったのか検証してみましょう。
クレジットカード現金化業者が初めて逮捕されたのは今から4年前の8月で、警視庁が公開した内容は貸金業法と出資法違反で摘発したということです。
カードのショッピング枠を換金する為に使わせる行為が買物を装っただけのお金の貸付と判断されたのでしょう。
金融業と判断されてしまったからには貸金業と登録をしなければなりませんので無許可で営業していたとみなされてしまったので逮捕されてしまったのです。
2011年以降もちらほらとクレジットカード現金化業者が逮捕されるようになってきたので恐れをなしてか撤退する業者も続出しました。
捕まった現金化業者の事業内容は過半数が「基礎知識」仕組みにも書かれている買取方式であることが発覚しております。
古物商の許可を得ているといっても実際には物の売買がされておらずショッピング枠を現金化して良いと公安委員は許しておりません。

安心してください!利用者は捕まってませんよ

カードのショッピング枠を現金化するということでサービス提供者が捕まっているのならそれを使った側もやはり捕まった履歴はあるのでしょうか?
安心してください!利用者は捕まってませんよ。
未だにクレカの現金化を使った人は逮捕されたということは一切聞いたことがありませんが、利用する方にも違法性が問われているようです。
利用者がクレジットカード現金化をしますとどのようなことが問題になるのかまとめて見ましたので下記をご覧ください。

  • 換金目的の使用はカード会社への利用規約違反になる
  • クレジット決済で手に入れた品物は返済が終わるまで勝手に転売する行為は横領罪になる
  • 現金化の為にショッピング枠で品を購入する行為はお金を詐取しているので詐欺罪になる

そもそもクレジット現金化自体はカード会社が禁止しておりますので利用したことが発覚すれば間違いなく使用停止命令を命じられることでしょう。
そのことで法律事務所を訪れ相談したとしても、ショッピング枠現金化は免責不許可事由となりますのでカード会社への返済しなくてはなりません。
現金化をする時はシュミレーションを立てることが大切です。
これだけのリスクを背をわなければならない資金策ですのでそれなりの覚悟を持って利用してください。
クレジットカード現金化口コミで優良店を探す | TOPに戻る

-クレジットカード現金化の豆知識
-,

Copyright© クレジットカード現金化口コミ調査兵団 | おすすめ優良店TOP5 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.